1. トップページ
  2. 日本森林学会大会
  3. 第130回日本森林学会大会
  4. 第130回日本森林学会大会/プログラム・学術講演集/公開シンポジウム

第130回日本森林学会大会/プログラム・学術講演集/公開シンポジウム

公開日: 2019年01月21日
最終更新日: 2019年02月18日

発表プログラム

※ 暫定版からの修正・変更がありますので、今後は正式版をお使いください。
日本森林学会誌に掲載される大会プログラムと同様の内容です。

 主な修正・変更点
ページ訂正事項
(1)ダイバーシティ推進ランチョンWorkshop 2019の開催時間
(正)13:15~14:30 (誤)12:15~13:15
(2)公開シンポジウムのお知らせページを差替え
 (体裁のみ変更、開催内容は同じです)
(10)3/21 公募セッションT1-6のコマ(10:30-)を追加
(暫定版にも18ページの発表題目にはT1-6の講演が掲載されております)
(26)ページ上部に記載されている日付を修正
(正)3月21日 (誤)3月22日

  以下の修正は今回のファイル差替えでまだ対応できておりません。
  日本森林学会誌101巻1号に掲載される大会プログラムにも修正が反映されませんのでご注意ください。

ページ訂正事項
(15)公募セッションT4の座長名の修正
(正)T4-5~T4-8 牧田直樹(信州大学)
(誤)T4-5~T4-8 竹本太郎(東京農工大学)
  ご不便をおかけしますことをお詫びいたします。
  なお、後日大会サイトに公開される大会プログラムの差替え版と学術講演集には今回の修正が反映されます。

  • 発表プログラム(PDF 約3.7 MB, 2019.02.18更新)
  • 学術講演集

    ※ 3月初旬頃に閲覧可能となる予定です。

    公開シンポジウム「雪国の森と木を活かす」

    [ポスター]

    事前のお申し込みは不要です。 参加費無料でどなたでも参加できます。

    日時

    2019年3月21日(木)春分の日 13:30〜16:00

    場所

    朱鷺メッセ 「スノーホール」

    内容

    基調講演
    多雪地の森林の成り立ち・管理とその恵み
    中静 透氏(文部科学省総合地球学研究所・特任教授)

    講演
    講演1「旧薪炭ブナ林の林業的利用とネットワークの取組み」
    紙谷 智彦氏(新潟大学・名誉教授)
    講演2「飛騨市における広葉樹のまちづくり」
    中村 幹広氏(飛騨市役所林業振興課・課長)
    講演3「多雪地のスギを大規模木造建築や住宅内装に活かす」
    志田 喜弘氏(株式会社志田材木店・社長)

    コーディネーター
    箕口 秀夫氏(新潟大学農学部教授・副学長)

    コメンテーター
    田中 浩氏(森林総合研究所理事・日本森林学会副会長)

    主催 日本森林学会、公益社団法人国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」助成事業

    後援 国立大学法人新潟大学、新潟県、にいがた緑年物語緑化推進委員会、新潟県森林組合連合会、新潟県木材組合連合会